ユニークな保育活動

●世代間交流事業(おじいさんおばあさんのこども園)
●体育指導
●英語であそぼうユニークな保育活動


世代間交流事業

幼児期における人との触れ合いが、こどもの人格形成に大きく関わる事から、地域の未就園児、祖父母・地域の方々などを対象としています。園児が世代間の交流をする事により、人との関わり方ややさしさ等を学んでいきます。
又、参加者にも世代間の交流が生まれ、新しい時代への認識を学び、みんなで子育てをする事に理解と協力を求めています。

世代間交流事業 世代間交流事業


体育あそび フレンズスポーツスクラブ

月に1回真木先生を主幹とし、フレンズスポーツクラブのお兄さん、お姉さんと一緒にいろいろな運動あそびをしています。朝一番に3・4・5才児が一緒に棒体操をし、その後は各年齢別に元気よく身体を動かすことを楽しんでいます。跳び箱、鉄棒、縄跳び、サッカー、又夏には屋上でプールあそびをしています。スポーツを通して友達と協力しあったり最後まで頑張り抜く大切さを教えてもらいました。子ども達は、真木先生やお兄さん、お姉さん達が大好きで月1回の指導日を楽しみにしています。

体育あそび


英語であそぼう

保護者のDolan Daveさんの御協力で、ゆりぐみさんでは平成8年5月から月に2回「英語であそぼう」の時間ができました。簡単な挨拶を英語で交わしたり。身近な物の名前などをDave先生の後に続いて真似て言ったりしています。又、サイモンsaidゲームなども教えてもらいました。色々な色を英語で言いながら、色を塗ったりすることも子ども達は大好きです。

英語で遊ぼう